ケラマより -162- 秋から冬へ

ケラマより -162- 秋から冬へ

慶良間諸島・渡嘉敷島より番です。

今年の10月は早くから冬型の気圧配置になり、
北風が強く吹く日が増えてきました。

例年だとわりと台風があたる月なので、
「10月ってこんなに透視度、良かったっけ?」って印象なのですが
海中は先月の台風後から少しづつ落ち着きを取り戻してきました。
良い青色が続いています。

透視度が良いので、
ホバリングしてくれるハゼ等はすごーく遠くから
見つける事が出来ます

マイブームのリュウキュウハナハゼ
かなり臆病なので、全然近づけませんし
ヒレも全然広げてくれないので、
行動パターンを長ーく観察して
ヒレ全開になるタイミングをつかむまで
メザシみたいな写真を大量に撮ってしまった(^^ゞ


秋の風物詩、ミジュン、ムロアジの群れを狙うダツ
そろそろミジュン、ムロアジの群れも移動してしまうかな?

水温もゆっくりと下がり始めて
冬に近づいていますね。

-追記-
こちらで何度か宣伝させていただきました
渡嘉敷島で初のフォトコンテストが10/22に終了しました。
渡嘉敷フィルム フォト&ムービーフェスティバル
参加してくれた皆さん、盛り上げてくれてありがとうございました(^^)/


ガイド会HPプロフィール
プロコースも開催します! ダイビングサービス Vibgyor
日々の海・島情報 Vibgyor blog